大使

ファルーク・アーミル駐日パキスタン大使略歴

1984年パキスタン外務省入省。

マンチェスター大学にて、自然地理学で優等学位を取得。ロンドン、ウェストミンンスター大学で、交通運行管理学で修士取得。アメリカのフレッチャースクールで、法律外交学の修士を取得し、博士課程中間試験を終了。 イスラマバードのナショナルデフェンス大学でナショナルセキュリティワーコースを受ける。 

海外勤務として、1992-1995年カイロでパキスタン大使館二等書記官、1995-1999年アンカラで一等書記官、2002-2006年 ワシントンで政治担当参事官、2006-2009年ニューヨークで国連本部の大使/次席代表として赴任。

パキスタン本省において、1986-1991年インド/国連担当職員、1999-2002年 国連/アフリカ課長、2010-2011年大統領府外務担当次官補として勤務。

2012年2月より駐日パキスタン大使に任命されるまで、本省にて化学兵器禁止条約担当/軍縮局局長として勤務

歴代特命全権大使